うつ病と闘わない のほほん闘病記?

焦らない頑張らないのが最高の治療法ってことで、 のほほんと頑張りつつ頑張らない日々。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 友人に誘われてプールに行ってきました。
 泳ぐとかじゃなくて、水に浸かっていたり、ぷかぷか浮かんだりだけでしたけど、結構気持ちよく、だけどなかなか疲れました。

 泳いでいる間も、ゴーグルをつけていても目が痛いなあと思っていたんですが、水からあがって1時間ほどした今、全身が真っ赤でひりひりかゆい。

 塩素負け?
 アレルギーかな? でもアナフィラキシーのような強い状態でないので、シャワーを浴びて様子見をしています。

 身体がこんな所でも弱ってるなんて、ちょっとショック……。orz
スポンサーサイト

 1日おきの法則では今日は調子がいいはずだったのに、だめでした。
 規則性はないのかなぁ、私の身体。
 あれば、そのリズムさえつかんでいれば、何とかなりそうかなと思っていたのに。

 昼頃に起き出して、散らかった部屋を見て、掃除をすべきか、お腹すいていないけれどとりあえず何か食べようか考え、「今は、生活よりも生きること」とつぶやいた自分にびっくり。

 生活することの前に生きることがあったんだなあ、といまさら気づいた次第です。

 ごはん食べたら、結構食べられました。

 回復しようよ、私の身体よ。

 1日おきの法則?
 今日はやっぱりぐだぐだ。

 メロパがリニューアルされて楽しいのに、なかなかできない。

 でも、楽しみは明日に(^^)。

 昨日調子が良かったので、あんのじょう、今日はずるずるでした。
 午後三時まで起きられず。

 晩ご飯の支度もぜいぜい言いながらカレーを作りました。

 でも、明日はきっと調子がいい日。

 と考えると、なんとなく乗り越えられる気がします。

 今は仕事をお休みしている私ですが、今日、同業の方の活躍を知って、嫉妬の心がわき上がりました。

 自分でもびっくり。そして、ちょっと嬉しかった。

 今までは、ばりばり仕事をしている人を見ると、いいなあ、うらやましいなぁと思うことはあっても、嫉妬の心なんて少しもわかなかったのです。自分はダメだなあと思うばかりで。

 嫉妬というのは、「自分にも、あれぐらいできるはず」という自信というか競争心というか、そんなものがないと起きないと思うのです。

 私は活躍なさっている方を見て、嫉妬した。私もできるはずだと少なからず思った。やる気が出てきたのかもしれないと、嬉しかった。活躍まで行かないだろうけど、やれるはずではないかと思ったわけで。 
 負の感情というのは、自分も傷つけたり、よけいな力を浪費したりすることも多いですが、割と強いエネルギーを生みます。
 これが復帰への足がかりになれば。

 まあ、まだのほのほしているので、まだまだと思いますが、少しは回復しているのかもと感じられて嬉しかったです。

 1日おきに調子のいい日と悪い日がやってきます。
 いい日は朝、ちょっとしんどいけど、そこそこ起きられて、洗濯や掃除ができます。家族のお弁当まで作れます。苦しくはなく、楽しくできます。

 けれど、翌日は起きられません。昼過ぎまで布団の中で、猫にごはんをせがまれて、必死に這いながら起きる感じです。そのあとの家事も全部辛い。休みながら、寝ころびながら、手を抜いて。

 調子のいい日にがんばりすぎるのかな。それで次の日、調子が悪いのかなと思い、調子のいい日にのんびり過ごしましたが、やはり翌日は、どーんと辛さが来ました。

 この1日おきのサイクルが、三寒四温のように、少しずつ快方に向かうサインだったらいいなあと思うのですが。

 良くなるといいなあ。

 とりあえず、明日の予定は調子のいい日のはずなのですが。
 調子がいいといいなあ。

 だるくてだるくてしかたありません。
 何とか起きあがれるし、少しは家事ができるのですが。

 夜中にうめいてしまったり、うつうつとした表情で家にいると、家族の皆の気分を害しているのでないかと心配になります。

 家族のためにできる仕事より、かける迷惑の方が大きいのなら、しばらく入院とかした方がいいのかなあとか考えたり。

 メロメロパークのノッキーが大きくなりました。
 小さな事ですけど、いやされる~。(^^)

 男性の車の運転を見ていると、うまいなあと思うことが良くあります。
 男性と女性とでは、脳の空間認識力が違っていて、三次元の立体的な認識は、断然男性の方が優れているのだそう。
 以前、吹雪の道の運転で、私は一面の真っ白な視界に距離感も何も失ったのに、夫は大丈夫分かるからと、低速ながら、無事家までたどり着けたとき、あー、やっぱり違うんだなと感じました。
 車は男性が作ったもの。今は開発に女性も関わっていると思いますが、最初作ったのは男性。
 私の勝手な推測ですが、車は男性向きにできているんじゃないかと思います。
 なので、女性ドライバーに対して、なんだよ女の運転か、道理で下手だと思ったとおっしゃる男性がいますけど、それは当然なんですよ、と言ってあげたくなったりします。女性がなにもかも最初から車を作ったら、何か根本的に違うものを作り上げるんじゃないかなあと思います。それでたぶん、男性にはとっても運転しにくかったり。なんだ、おかしな運転だと思ったら男性ドライバーだったのね、とか女性が言う世の中だったり。


 今の日本の社会って、一人でないけれど、たぶん何人か、何十人、何百人かの基準で作られたものなんじゃないかと思うんです。
 だから、その基準に合わない人は、とっても生きにくい。
 少なくとも、うつ病患者にあった社会ではなさそう。

 でも、今の社会にはうまく適応できなくても、生き物のとしての人間として自然界に適応できていないわけではないのかもしれないなと思っています。

 朝起きられないのだって、他の健康な人が疲れはじめる夕方からはなんとか動けることが多いわけで、食糧確保の時間帯が、他の人とずれれば食べ物を見つけられる確率が上がるって事かもと考えたり。

 倒れて起きあがれなくても、そこに草があれば、むしって口に入れ生き延びることができたり。
 身体がだるくても、眠っていれば体力温存と回復が図れるわけで、今の社会から見れば、「働かない、働けない」という状態も、自然界での動物を見ていれば当然ある状態に見えますし。

 うつ病は人間として生きられない病気でない。ただ、今のシステムにあんまり適応できないだけなんだ、なんて思い始めています。

 生活を根幹から考え直してみると、自分にとてもあった生き方があるかもしれない。身体がだるいのも、何とかつきあいながら生きる方法があるのかもしれない、と考えたりしています。

 明日闘うために、とりあえず今日は闘わず、のんびり、のほほんと過ごしています。今日はすごくだるいんです。でも、明日だるくないかもしれない。だるくてもなんかできるかもしれない。

 今日はのほほんとしてます。

 プロバイダ申込書を書きました。
 それと、デジカメの写真がたまっていたので整理。プリントアウトは大変なので、どうしようか迷ってます。
 お金にゆとりがあるときに、ネットのデジカメプリント会社に頼んでみようかな。
 計算してみたら、自分で写真用紙やプリンタインクを買うよりやすいところもあるみたいです。

 昨日はプロバイダの手続きと写真整理で夜中までかかってしまいました。
 たくさんのことを一度にはまだまだできないなあ。

 うつがなかなか治りません。もう三年にもなるのかなあ。

 でも、必ず治る病気なのだから。

 ここからはちょっときつい話になるのかもしれません。
 いまはちょっとしんどい、という方はどうか避けてください。









 必ず治るから、とお医者さまや家族に言われても、ときどき辛くて耐えられなくなるときがあります。
 うつはむごい病気だと思います。
 どれほど辛いか、苦しいか、体験した方ならいやというほど味わっていらっしゃるかと思います。
 なのにいつ治るのか、いつこの苦しみが終わるのか分からない。
 命に関わる病。ガンなどは確かにひどく痛むといいますし、理不尽にも命の終わりがやってくることもあります。

 でも、終わりがあるのです。
 完治するか、あるいは苦しみから永遠に別れられるときが。苦しみが終わる瞬間が必ずくるのです。

 うつは、きっと治る。そう信じようとしても、もうダメだ、苦しすぎると思うときや、他の人に迷惑をかけるだけの自分、もう生きていちゃいけない、と思うことすらあります。

 ひどい言い方ですが、うつは自分の手でしか命を終わらせることができない病なのかもしれないとこの間考えてしまいました。なんて、ひどいことを考えるのだと自分で自分が悲しくなりましたし、治ると信じることが何より大切だと分かっているつもりなのですが。

 こんな事考えること自体、うつの病状です。病が考えさせる、偽りの思いです。

 でも、考えてしまいます。
 生きていける気がしない。生きていちゃいけない。
 でも死んだら、誰かが悲しむことでしょう。誰も悲しんでくれる人がないと自分では思っていても、誰かが必ず誰かの死を悼むのです。
 ブログで知り合っただけの同病の人が死を選んだなら、それがたとえ一度も会ったことのない人でも、きっと悲しいことでしょう。

 自分が死を考えていることを家族や友人が知ったなら、その心労はどれほどのものでしょう。

 この間、夫に自殺願望を悟られてしまいました。絶対、死を選ばないと約束することができませんでした。そこまで、自分に自信がありませんでした。でも、いつ行動に走るか分からない私を抱えていたのでは、夫は神経をすり減らしてしまうでしょう。

 家には老いた猫がいます。
 この猫を見送るまでは、絶対に死を選ばないと約束しました。そのあとのことは正直自信がありません。
 そんなこというのかバカ! と夫は怒りましたし、自分でも情けない、甘えた考えだと思います。
 でも、約束しました。
 約束したからには守ります。苦しくても守ります。

 そしたら、ちょっとだけ楽になれたような気がしました。
 この猫を見送るまでは。そこまでは自分が生きる義務と価値のある時間なのだと。その先は、もしも、もしも辛かったなら、逃げ出す方法を選んでもいいのだと。(よくないんですが) 
 そう考えると、ちょっとだけ楽になれたのです。

 こんな考えは、甘えた情けない考えなのだと思います。

 でも誰かの力を借りて、私の場合猫ですが、生きる理由と、生きている期限を切れたなら、その間だけでも生きていける気が、生きていこうという気が湧いてきました。

 猫を見送ったあと、また次の目標を見つけられれば、辛くてたまらなくてもこの病気ともつきあっていけるかもしれない、と思います。

 こんな考え方でも生きていけるなら……。
 やれるところまでやってみたいです。

 そして、進めるところまで進む、どれほど苦しくても進んだ人間がいる、という事実が、私たちのあとに苦しむ人たちの、ほんのちょっとの、ちいさなちいさなことだとしても支えになるなら、と思います。

 長々と、痛い文章ですみませんでした。

 早朝覚醒で早起き。
 昨晩12時寝で、5時半起き。普段は10時間睡眠なので、いつもの半分。でももう眠れません。

 体調がもし良かったらお花見に行きたいなあ。

 ニトラゼパム。身体に合わないのか、おとといは夜中に目が覚めてそれ以降眠れず、昨晩は眠りにつくこともできませんでした。

 やっぱり、ミンザインでないとダメなのかなあ。

 お医者様に相談に行かなきゃ。

 今のプロバイダに解約の電話をしました。
 親切な対応で、ほっ。

 新しいプロバイダさんからも連絡が。
 こちらも親切。

 モデムの返却や、回線の切り替え作業が待ってます。
 ちょっと面倒だけど、できるかなあ。

 プロバイダ、やすくてよいところを探しました。
 で、良さそうなところを見つけました。
 明日、今のプロバイダに解約の連絡をしなくちゃ。

 ADSLでネットにつないでいますが、4月になると毎年、一時的な切断が多くなってつがりにくいです。
 新規加入の人が増えて、混雑するからかな?

 今、4千円ほどかかっていますが、もっと安いプランにしたいです。
 Yahoo!BBは、あまり良くないと聞いたんですが、安くていいかなあと。

 いいプランを探しています。

 大崩したとき、映画ロッキーのコマーシャルを見て、これ見たら元気出るかなあと、思いました。
 自分をあきらめない。
 感動できるかなあ。
 映画は結構高いので、ちょっと冒険?
 でも、感動できたら、いいなあ。レディスデーとか狙っていってみようかな。

 おととい大崩して、自殺まで考えましたが、今日は気分良くて……。好調不調の振れ幅が大きいです。こんな時は要注意。

 気分が良くて、しま○らで散財。ブラウスや靴下、タオルを買いました。2500円也。それでも私には大金。

 早く仕事ができるようになるといいんだけど。お金はいつもピンチです。

 花粉症のお薬と併用しているせいか、昼間も爆睡。
 で、お医者さまと相談して、ミンザインを変更してみることになりました。ミンザインとの併用が原因とは言えないらしいのですが、個人差も否定もできないかなということで、変更です。
 以前飲んでいた、ニトラゼパムに。

 やっぱり、ちょっと眠りが浅いです。夜中に何回か起きてしまった。
 昼間、お散歩などをして、よく眠れるようになりたいなあ。
 お散歩、花粉症がネックなのですけど。花粉、はやく終わらないかなあ。

 鼻風邪がまだ治りません。
 今回は長いなぁ。

 猫の瞳、今朝は閉じてました。よかった。病気ではないみたい。昨日は興奮気味だったのかも。

 しばらく様子見ですが、一安心。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。