FC2ブログ

うつ病と闘わない のほほん闘病記?

焦らない頑張らないのが最高の治療法ってことで、 のほほんと頑張りつつ頑張らない日々。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 注 重くてショッキングな話題です。
 

 直木賞作家の坂東眞砂子さんが、日本経済新聞に寄せたエッセーで、飼い猫が産んだ子猫を野良猫対策として殺していることを告白したことが問題視されてますね。

 坂東さんは、「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」とおっしゃってますけど、子供を産むことや性が、生の喜びかというとちがうような気がします。

 ドグマチールの影響で性欲が全くなくなったことがありますけど、じつに楽でした。
 欲というのは煩悩なんだなあと思ったり。

 猫の避妊手術は決してむごいことではないと考えてます。
 性から解放されることは、ひとつ楽になれること。
 おまえ、避妊手術受けるか、って問われたら、受けてもいいよって答えそう。

 生きる充実ってのは、どっちかっていったら、子供を産むことより育てることにあるんじゃないのかと思うんですけど。
スポンサーサイト

コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tatakawanai.blog49.fc2.com/tb.php/147-9fe6bdc8
トラックバック
坂東眞砂子氏コラム「子猫殺し」関連のまとめ
 当ブログ記事は2006/08/18に日本経済新聞夕刊に掲載された坂東眞砂子氏コラム「子猫殺し」についての情報を集めるための記事(まとめ記事)である。 問題となった文章の全文紹介、このことについて書かれたブログの紹介、騒動の経過、ニュース、関連リンク集などからなる
2006/08/25(金) 02:37:42 | ハマる生活
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。