うつ病と闘わない のほほん闘病記?

焦らない頑張らないのが最高の治療法ってことで、 のほほんと頑張りつつ頑張らない日々。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ご心配をおかけしました。
 お声をかけてくださった皆さん、ときどきここをのぞいてくださった方、ありがとうございます。

 内科で調べていただいて、「不整脈」と言われたのですけれど、ネットで調べるとなんか症状がちがう……。胸痛が長く続くのが気になって……。

 で、あれこれ調べて「噛みしめ呑気症候群」と言うものではないかと思い当たりました。
 ストレス、緊張などで奥歯を噛みしめることにより、空気を呑んでしまって身体のあちこちに不具合を生じる。とのこと。

 で、空気を呑まないよう気をつけ、なおかつ呑んでしまった空気を出すために、ちょっと行儀悪いのですが積極的にげっぷをしたら、なんか楽に……。

 その後、うつの波が来たりして、ちょっと落ち込んでいましたが、少しずつ良くなってきました。
 まだまだ注意が必要みたいです。
スポンサーサイト

コメント
噛みしめ呑気症候群
こんにちは。はじめて書き込みをさせていただきます美穂と申します。
いきなりですみませんが
私の悩みを聞いていただきたいと思うのですが‥

私は一年前の中学二年生の時から のほほんさん と同じような症状が
あり、今もその症状に悩まされています。
両親に相談しても、
「考えすぎだよ、そんなことで病院なんか行かなくても大丈夫だよ」、
と、軽く流されてしまいます。
そこで、ぜひ改善方法を教えていただきたく、
今回書き込みさせていただきました。
2007/07/21(土) 16:03:38 | |美穂 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://tatakawanai.blog49.fc2.com/tb.php/152-69447d93
トラックバック
噛みしめ呑気症候群
噛みしめ呑気症候群噛みしめ呑気症候群噛みしめ呑気症候群とは、緊張やストレスが原因で、ゲップやおなら、腹部の膨満感など身体に様々な異変を引き起こす心身症のひとつです。原因が分かりづらいことから、不登校や出社拒否などの...(続きを読む)臭くないおならも怖い「噛
2007/08/29(水) 20:24:26 | 過去ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。